Home & Garage Hobidas - ホーム&ガレージ・ホビダス:ネコ・パブリッシング
動画 建築実例 建築家 カタログ ショッピング ニュース コラム ガレージライフ 家具コレクション ホビダストップ
トップ > コラム > 建築家・山本健太郎の家づくり
Menu
Contents
動画
建築実例
ガレージカタログ
ショッピング
ニュース
コラム
ガレージライフ倶楽部
オフィシャルブログ
Q&A
Mail Magazine
コラム
建築家・山本健太郎の家づくり 建築家が伝授する家造りの楽しみ方!!
 1999年の「Garage Life」Vsol.3から2006のVol.27まで、足かけ7年、通算24巻にわたり人気(?)コラムを担当させていただきました、山本健太郎@Kaデザインです。ご無沙汰しております。時代は変わり、こうやってweb上で皆さんと再会できることになりました。宜しくお願いいたします。さて、第一回目のこのコラムでは、「住宅について」という至極一般的な話題です。家を建てるにあたって、独りで住む家ならともかく、家族がいれば様々な意見が出てきます。

このサイトをご覧の皆さんは、当然ガレージが第一条件だと思うのですが、奥さんは素敵なキッチンが欲しいかもしれないし、お子さんは広い自分の部屋が欲しいかもしれない。しかし、予算は限られているし、面積だって無限じゃない。また、そのような物質的な問題だけでなく、日当たりの問題や、音の問題、リビングを何階に配置するかなど、機能的な部分についても要望は出てきます。そう言う場合は、一度要求をリストアップしてプライオリティ(優先順位)を付けてみましょう。たとえば、今は必要だけど将来的には不要になる部屋をどう扱うか。子供部屋なんかは最たる例です。子供達が独立していったら、只の納戸になってしまうことが多いですから。新築時からそれをふまえた設計にしておいて、将来無駄のない使い方が出来るように考えておくことが必要です。たとえば、子供部屋をガレージの隣に配置して、将来的にはガレージに付属した趣味の部屋にしてしまう、なんて言うのも一つの手ですね。

backnumber
一級建築士
山本健太郎
Kentaro Yamamoto
1966年宮城県生まれ。国立宮城工業高等専門学校建築学科卒業後、三菱製紙株式会社工務部入社。株式会社淺沼組東京店設計部入社後、1996年ケンタロー・アーキテクツ設立。現在、(有)Kaデザインとしてガレージハウス、ガレージ付き賃貸マンションなどを手がけている。http://www.ka-design-studio.com/