Home & Garage Hobidas - ホーム&ガレージ・ホビダス:ネコ・パブリッシング
動画 建築実例 建築家 カタログ ショッピング ニュース コラム ガレージライフ 家具コレクション ホビダストップ
トップ > 建築実例集 > 実例15 東京都 高桑邸
example
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 K邸(ドムスデザインカーザ) ガレージと中庭のある家
建築実例:ガレージハウス 群馬県 K邸(レジェンダリーホーム) 風薫る南欧のリゾートライフ
建築実例:ガレージ 神奈川県 C邸(TOEX(株式会社 LIXIL)) ピットも備える実践派ガレージ
建築実例:ガレージハウス 北海道 加藤邸(メタルクラフト・プラス) コーヒー工房のガレージハウス
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 工藤邸(昭和建設) 好きが高じて空間提案
建築実例:ガレージ 長野県 I邸(TOEX) 夢ふくらむガレージのある暮らし
建築実例:ガレージ 神奈川県 B邸(TOEX) 我が家はクルマが大事
建築実例:ガレージ 愛知県 O邸(TOEX) 一家の長を忘れさせてくれる空間
建築実例:ガレージ 愛知県 O邸(TOEX) クルマいじりを楽しむガレージ
建築実例:ガレージハウス 大阪府 Y邸(スタジオインデックス) コストを抑えてリノベート
建築実例:ガレージ 岐阜県 N邸(TOEX)一家がそれぞれ楽しめる空間
建築実例:ガレージ 愛知県 K邸(TOEX)コレクションを満喫する広々空間
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第4回 ついに完成!編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第3回 みるみるカタチに!編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第2回 工事スタート編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第1回 プランニング編
建築実例:ガレージ 宮崎県 M邸 (TOEX) テーマは母屋とのマッチング
建築実例:ガレージ 愛媛県 M邸 (TOEX) スタイルコートで愛車が身近に
建築実例:ガレージハウス 長野県 I邸 (Kurashima一級建築士事務所) 輸入建材を活かしたゆとりの家
建築実例:ガレージ 静岡県 K邸 (TOEX)  家族が集まるガレージテラス
建築実例:ガレージ 熊本県 A邸 (TOEX)  スタイルコートから始まる家づくり
建築実例:ガレージハウス 兵庫県 K邸(プロデュース:ザウス株式会社)  住宅プロデュース会社のシステムを活用する
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 大内邸(スタッフ)  ガレージしかない家
建築実例:テラスハウス 神奈川県 M邸(プリズミック)  戸建て感覚溢れるテラスハウス
建築実例:ガレージ 愛知県 S邸(TOEX)  愛車を眺めながらくつろぐ空間
建築実例:住宅 兵庫県 Y邸(ドリカムパートナー)
 家のどこからでも愛車が見える家
建築実例:ガレージ 埼玉県 S邸(イソダウッドワークス)
 ロードスター好きが構築した ゆとり溢れるウッドガレージ
建築実例:住宅 神奈川県 O邸(参會堂) 南欧風ビルトインガレージ
Contents
動画
建築実例
ガレージカタログ
ショッピング
ニュース
コラム
ガレージライフ倶楽部
オフィシャルブログ
Q&A
Mail Magazine
Home and Garage Example
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)
おぉ〜、スゲェ〜、大迫力!TOEX +G(プラスジー)の雄姿に感涙!!
画像
10月26日 上側の屋根と天井部分の間に入れるLEDダウンライトの工事も行なう必要があるので、かなりの手間でした。一日目の工事は半分ぐらいまで完成したところで終了し、残りは二日目に実施。半分完成したことによって、フィアットに関しては安住の地を得ることができました。
画像
画像 10月23日 屋根も細かいパーツによって構成されており、その工事は手間がかかるものでした。以前、アルファ・ロメオの周囲に盛大に積んでいた部材たちも少なくなりました。さらに細かいパーツによって構成される天井部分の工事が残っていますが、ようやく“終わり”が見えてきたといえるでしょう。
画像
10月25日 天井部分にも大きなパネル状のパーツを付けていくのだろうと思っていたら大間違いでした。なんと、小林さんの手元を見たら、木目調の細いパーツをひとつひとつ施工しておりました。凄い忍耐力。
その後、ガレージの工事は屋根へと移り、一段とガレージっぽくなりましたが、既述したように構成パーツの多さがTOEX +G(プラスジー)の特徴なので、ここからの作業も大変なものでした。
 
同じ敷地内に住んでいる我が母は、ガレージの工事が屋根部分にまで到達していることを知り、「そろそろ工事が終わりそうだね」などという脳天気な発言をしておりましたが、小林さんに無用なプレッシャーがかかるといけないので速攻で否定しておきました。
 
なお、屋根を構成している乳白色のパーツは、我がガレージの横方向の寸法が確定した後に発注し、製作されたもの(?/これだけ後日到着)らしいので、難なくピタッとハマりましたが、最初に届いた部材はデカいため、屋根の裏側に一枚一枚丁寧に張り付けていく木目調パネル(これがまた部品点数が多い!)をセットする際に必要となる部材の寸法をすべて切りつめることになりました。
 
このタイミングで第二の刺客(?)として小林さんをサポートしてくれたのが、「H.M.K」(住宅、商業施設、設計・施工を手がけている)代表の池ア一弘さんで、黙々とパーツの寸法を調整してくれました。お疲れさまでした(ありがとうございました)。次号では、土間のその後をお伝えしま〜す。
 
+Gへの道 第1回 プランニング編
+Gへの道 第2回 工事スタート編
+Gへの道 第4回 ついに完成!編
商品のお問い合わせは
TOEX(株式会社LIXIL) お客様相談センター
Phone/0120-126-001
http://toex.lixil.co.jp/
※この高桑邸は特殊なケースですので、通常の施工の流れとは異なる部分があり ます。