Home & Garage Hobidas - ホーム&ガレージ・ホビダス:ネコ・パブリッシング
動画 建築実例 建築家 カタログ ショッピング ニュース コラム ガレージライフ 家具コレクション ホビダストップ
トップ > 建築実例集 > 実例20 愛知県 O邸
example
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 K邸(ドムスデザインカーザ) ガレージと中庭のある家
建築実例:ガレージハウス 群馬県 K邸(レジェンダリーホーム) 風薫る南欧のリゾートライフ
建築実例:ガレージ 神奈川県 C邸(TOEX(株式会社 LIXIL)) ピットも備える実践派ガレージ
建築実例:ガレージハウス 北海道 加藤邸(メタルクラフト・プラス) コーヒー工房のガレージハウス
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 工藤邸(昭和建設) 好きが高じて空間提案
建築実例:ガレージ 長野県 I邸(TOEX) 夢ふくらむガレージのある暮らし
建築実例:ガレージ 神奈川県 B邸(TOEX) 我が家はクルマが大事
建築実例:ガレージ 愛知県 O邸(TOEX) 一家の長を忘れさせてくれる空間
建築実例:ガレージ 愛知県 O邸(TOEX) クルマいじりを楽しむガレージ
建築実例:ガレージハウス 大阪府 Y邸(スタジオインデックス) コストを抑えてリノベート
建築実例:ガレージ 岐阜県 N邸(TOEX)一家がそれぞれ楽しめる空間
建築実例:ガレージ 愛知県 K邸(TOEX)コレクションを満喫する広々空間
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第4回 ついに完成!編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第3回 みるみるカタチに!編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第2回 工事スタート編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第1回 プランニング編
建築実例:ガレージ 宮崎県 M邸 (TOEX) テーマは母屋とのマッチング
建築実例:ガレージ 愛媛県 M邸 (TOEX) スタイルコートで愛車が身近に
建築実例:ガレージハウス 長野県 I邸 (Kurashima一級建築士事務所) 輸入建材を活かしたゆとりの家
建築実例:ガレージ 静岡県 K邸 (TOEX)  家族が集まるガレージテラス
建築実例:ガレージ 熊本県 A邸 (TOEX)  スタイルコートから始まる家づくり
建築実例:ガレージハウス 兵庫県 K邸(プロデュース:ザウス株式会社)  住宅プロデュース会社のシステムを活用する
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 大内邸(スタッフ)  ガレージしかない家
建築実例:テラスハウス 神奈川県 M邸(プリズミック)  戸建て感覚溢れるテラスハウス
建築実例:ガレージ 愛知県 S邸(TOEX)  愛車を眺めながらくつろぐ空間
建築実例:住宅 兵庫県 Y邸(ドリカムパートナー)
 家のどこからでも愛車が見える家
建築実例:ガレージ 埼玉県 S邸(イソダウッドワークス)
 ロードスター好きが構築した ゆとり溢れるウッドガレージ
建築実例:住宅 神奈川県 O邸(参會堂) 南欧風ビルトインガレージ
Contents
動画
建築実例
ガレージカタログ
ショッピング
ニュース
コラム
ガレージライフ倶楽部
オフィシャルブログ
Q&A
Mail Magazine
Home and Garage Example
建築実例:ガレージ 愛知県 O邸(TOEX)
毎日、少しでもバイクに触れるためにガレージ付きの物件購入を決意。
画像
母屋の外壁は白を基調としている。新しく造成された宅地のため、Oさんの家を含めて周りも全て新築物件だ。それもあって、周囲とガレージがマッチングすることも重要だった。
『スタイルコート』を道路側に配置する前提で、母屋はレイアウトされた。当初は、ガレージの横には奥様のゴルフGTを停める予定だったが、サイドの折れ戸が開くことから位置を変更。その場所には芝生が敷かれ、気持ちの良い空間とされた。またそのことで、アルミ製フェンスも設置することが可能になり、道路からリビングへの視線を遮る役割を果たしている。
 
S このガレージが建つ以前、Oさんがクルマをいじれるのは晴れの日、しかも日差しのある時間帯のみだった。それが今では、天候や時間に関係なく作業できるのだ。Oさんは月に1回ほどサーキット走行を楽しんでいるのだが、その前後に行うタイヤ交換も労力が大幅に低減された。さらに、これまでは出し入れの便から小型のジャッキを使ってきたが、念願の大型フロアジャッキを近々に導入することになっているそうだ。
画像
愛車と緑の芝に囲まれてくつろぐOさん。スタイルコートは、いわば"離れ"的な存在だが、サイドの折れ戸を開け放てば、リビングからガレージ内を見ることも可能。
「気がついたら、いつのまにか2時、3時だったということも結構ありますね」とOさん。家族が寝静まった頃にそっと母屋を抜け出し、横の折り戸を開けてガレージの中に入り、ソファに腰を下し、クルマを眺めて時を過ごす。ほぼ毎日のように。そんな新たな楽しみ方が、『スタイルコート』によって増えたのである。