Home & Garage Hobidas - ホーム&ガレージ・ホビダス:ネコ・パブリッシング
動画 建築実例 建築家 カタログ ショッピング ニュース コラム ガレージライフ 家具コレクション ホビダストップ
トップ > 建築実例集 > 実例20 愛知県 O邸
example
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 K邸(ドムスデザインカーザ) ガレージと中庭のある家
建築実例:ガレージハウス 群馬県 K邸(レジェンダリーホーム) 風薫る南欧のリゾートライフ
建築実例:ガレージ 神奈川県 C邸(TOEX(株式会社 LIXIL)) ピットも備える実践派ガレージ
建築実例:ガレージハウス 北海道 加藤邸(メタルクラフト・プラス) コーヒー工房のガレージハウス
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 工藤邸(昭和建設) 好きが高じて空間提案
建築実例:ガレージ 長野県 I邸(TOEX) 夢ふくらむガレージのある暮らし
建築実例:ガレージ 神奈川県 B邸(TOEX) 我が家はクルマが大事
建築実例:ガレージ 愛知県 O邸(TOEX) 一家の長を忘れさせてくれる空間
建築実例:ガレージ 愛知県 O邸(TOEX) クルマいじりを楽しむガレージ
建築実例:ガレージハウス 大阪府 Y邸(スタジオインデックス) コストを抑えてリノベート
建築実例:ガレージ 岐阜県 N邸(TOEX)一家がそれぞれ楽しめる空間
建築実例:ガレージ 愛知県 K邸(TOEX)コレクションを満喫する広々空間
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第4回 ついに完成!編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第3回 みるみるカタチに!編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第2回 工事スタート編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第1回 プランニング編
建築実例:ガレージ 宮崎県 M邸 (TOEX) テーマは母屋とのマッチング
建築実例:ガレージ 愛媛県 M邸 (TOEX) スタイルコートで愛車が身近に
建築実例:ガレージハウス 長野県 I邸 (Kurashima一級建築士事務所) 輸入建材を活かしたゆとりの家
建築実例:ガレージ 静岡県 K邸 (TOEX)  家族が集まるガレージテラス
建築実例:ガレージ 熊本県 A邸 (TOEX)  スタイルコートから始まる家づくり
建築実例:ガレージハウス 兵庫県 K邸(プロデュース:ザウス株式会社)  住宅プロデュース会社のシステムを活用する
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 大内邸(スタッフ)  ガレージしかない家
建築実例:テラスハウス 神奈川県 M邸(プリズミック)  戸建て感覚溢れるテラスハウス
建築実例:ガレージ 愛知県 S邸(TOEX)  愛車を眺めながらくつろぐ空間
建築実例:住宅 兵庫県 Y邸(ドリカムパートナー)
 家のどこからでも愛車が見える家
建築実例:ガレージ 埼玉県 S邸(イソダウッドワークス)
 ロードスター好きが構築した ゆとり溢れるウッドガレージ
建築実例:住宅 神奈川県 O邸(参會堂) 南欧風ビルトインガレージ
Contents
動画
建築実例
ガレージカタログ
ショッピング
ニュース
コラム
ガレージライフ倶楽部
オフィシャルブログ
Q&A
Mail Magazine
Home and Garage Example
建築実例:ガレージ 愛知県 O邸(TOEX)
苦渋の決断で、バイクのある生活とは暫しの別れ。そして、ガレージライフは第2ステージに突入!
画像
奥部分から見たガレージ内部全景。こちらの『スタイルコート』は、バイク1台と整備やくつろぎのスペースを想定した28-54タイプ(幅2850mm×奥行き5448mm)である。
画像
向かって右奥に置かれているデスク。その向こう側に見えているのは、バイクのリアにセットして使うトップケースだ。『スタイルコート』のオプションとなっている換気扇も設置。
画像
床はバイクが置いてある部分がコンクリート敷きで、アクセントとしてタイルをあしらっている。ホビースペースは全面タイル敷きで、茶色を基調に白色の物も配置。
 敷地的にはギリギリのサイズだったが、母屋の窓が全く塞がれず、採光性に影響がなかったのに大満足。また『スタイルコート』を含めた外構関係一式をエステック社に依頼、カーポートや門柱もTOEXの製品としたことで統一感が生み出されていることも注目すべきポイントだろう。
 
 ガレージの床の半分ほどにはタイルが敷かれており、そこはOさんのホビースペースだ。愛車を眺めたり、本を読んだりはもちろん、趣味であるプラモデルやペーパークラフト作りまでも楽しんでいるのである。それは、一家の長であることを忘れさせてくれる貴重な時間であり、リフレッシュが図れる必要不可欠な空間となっている。
 
 雨の日だってバイクいじりができ、磨きにも時間が割けると、『スタイルコート』でガレージライフを大いに楽しんでいたOさんだったが……。
 
「苦渋の決断をしました」とのこと。聞けば、愛車であるMT-01を手放すことにしたそうだ。飽きたとか嫌になったのではなく、娘さんとのオープンエアクルーズを楽しむための選択をしたのである。新しい相棒でありガレージの住人となるのは、ルノー・スポールスパイダー。雨を遮るソフトトップは無く、サイドウインドウも存在しない、バイクの感覚に近いクルマといえるかもしれない。そう、Oさんのガレージライフは第2ステージに突入したのだ。この先は、バイクとは違った面白さや楽しさを、この空間で味わっていくことだろう。