example
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 K邸(ドムスデザインカーザ) ガレージと中庭のある家
建築実例:ガレージハウス 群馬県 K邸(レジェンダリーホーム) 風薫る南欧のリゾートライフ
建築実例:ガレージ 神奈川県 C邸(TOEX(株式会社 LIXIL)) ピットも備える実践派ガレージ
建築実例:ガレージハウス 北海道 加藤邸(メタルクラフト・プラス) コーヒー工房のガレージハウス
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 工藤邸(昭和建設) 好きが高じて空間提案
建築実例:ガレージ 長野県 I邸(TOEX) 夢ふくらむガレージのある暮らし
建築実例:ガレージ 神奈川県 B邸(TOEX) 我が家はクルマが大事
建築実例:ガレージ 愛知県 O邸(TOEX) 一家の長を忘れさせてくれる空間
建築実例:ガレージ 愛知県 O邸(TOEX) クルマいじりを楽しむガレージ
建築実例:ガレージハウス 大阪府 Y邸(スタジオインデックス) コストを抑えてリノベート
建築実例:ガレージ 岐阜県 N邸(TOEX)一家がそれぞれ楽しめる空間
建築実例:ガレージ 愛知県 K邸(TOEX)コレクションを満喫する広々空間
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第4回 ついに完成!編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第3回 みるみるカタチに!編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第2回 工事スタート編
建築実例:ガレージ 東京都 高桑邸(TOEX)+Gへの道 第1回 プランニング編
建築実例:ガレージ 宮崎県 M邸 (TOEX) テーマは母屋とのマッチング
建築実例:ガレージ 愛媛県 M邸 (TOEX) スタイルコートで愛車が身近に
建築実例:ガレージハウス 長野県 I邸 (Kurashima一級建築士事務所) 輸入建材を活かしたゆとりの家
建築実例:ガレージ 静岡県 K邸 (TOEX)  家族が集まるガレージテラス
建築実例:ガレージ 熊本県 A邸 (TOEX)  スタイルコートから始まる家づくり
建築実例:ガレージハウス 兵庫県 K邸(プロデュース:ザウス株式会社)  住宅プロデュース会社のシステムを活用する
建築実例:ガレージハウス 神奈川県 大内邸(スタッフ)  ガレージしかない家
建築実例:テラスハウス 神奈川県 M邸(プリズミック)  戸建て感覚溢れるテラスハウス
建築実例:ガレージ 愛知県 S邸(TOEX)  愛車を眺めながらくつろぐ空間
建築実例:住宅 兵庫県 Y邸(ドリカムパートナー)
 家のどこからでも愛車が見える家
建築実例:ガレージ 埼玉県 S邸(イソダウッドワークス)
 ロードスター好きが構築した ゆとり溢れるウッドガレージ
建築実例:住宅 神奈川県 O邸(参會堂) 南欧風ビルトインガレージ
Home and Garage Example
建築実例:ガレージハウス 群馬県 K邸(レジェンダリーホーム))
アンティークをテーマに気品と味わいのある表情を。
画像
リビングの柱に入れたステンドグラスやアンティークなアイアンなどもアクセントになっている。デッキにつながるブルーの扉もマッチ。
画像 キッチンもホワイトで統一されたが、火を使う壁面には防火性能のブリックタイルを施し、スタイルを統一。デッキとつながる木製ドアのブルーやダイニングテーブルなどがアクセントになる。
画像
ホワイトを基調とした1階のダイニングとキッチン。梁にもタイルを貼り、同じ色使いでありながら飽きのこない仕上げとした。
画像
ノルウェーのヨーツールの薪ストーブを入れたK邸。暖かな空気を家全体に伝えることができる。
素材の異なる様々な"白"をグラマラスに配して、カラーリングの妙を楽しめるように建てられたK邸。木造2階建てをベースに外観はオーシャンストーンをイメージし、玄関まわりは南フランスの街路地を思わせる。ビルトインガレージには大きなオーバーヘッドドアを付け、リビングからガラス越しにクルマを眺めることができる設計となっている。
 
この家に腰を落ち着け、長女も誕生した2010年。Kさんは興味深いクルマを手に入れた。1962年式ポルシェ356のナンバーズマッチ・オリジナル車を譲るオーナーがいるとの情報があったのだが、実は、前年のツーリングレースに出場したときに知り合った方。K氏は出会いに感謝しながら、ガレージのコレクションが増えたことを素直に喜んでいる。
 
家やインテリア、雑貨を通じて"豊かな暮らし"を提案する建築事務所『レジェンダリーホーム』には、趣味人が引き寄せられるように集まってくる。Kさんも、代表・加藤さんと出会ってモノの見方が変わったという。ガレージに納まるクルマが、最新エンジン搭載車から、ちょっと手間はかかるがメンテナンスをしながら長く大切に乗るクルマに変わったのも、Kさんの考え方の変化の証といえるかもしれない。

ページTOPへ